エンジンオイルはなぜ減る

  • 2018年5月1日
  • 2020年2月21日
  • 整備
  • 250view
  • 0件

エンジンオイル減りませんか?

オイルレベルゲージでチェックした時や、最近のBMWなどは運転席のナビ画面でオイルレベルチェックが出来たり、ガソリンスタンドで見てもらったりして、「オイル量少ないですよ」と言われた事ありませんか?

オイルが減る原因

1.エンジンオイルが漏れている

エンジンオイルが溜まるオイルパンとエンジンの結合面から漏れたり、エンジン上部のヘッドカバーの隙間から漏れたり、ターボ車ならタービンから漏れたり、漏れる箇所は多数あります。

2.エンジンオイルが燃えている

走行距離が増えて、エンジンが疲労してくると、エンジンの燃焼室にオイルが垂れ、燃料と一緒に燃える事があります。

この現象をオイル下がり、オイル上がりと言います。

オイル上がり、下がり 解説

小難しい事は上のページで。

3.エンジンオイルがこびり付いている

1番多い原因はコレではないかと思う。

よくオイルが少ない車を見かけますが、「入ってれば良いから足しといて」と言われます。

気になるので、漏れチェックをしますが漏れてません。

燃えているのか⁈

イヤそこまでの距離ではない。

「オイル交換高いから足しでいいよ。時間ないし」

じゃあ足すかと、足しますが大概オイルフィラーキャップの所が劣化したオイルがこびり付いてます。

オイルの劣化

例え話ですが、醤油って醤油差しに入れて置くと詰まって出なくなりません?

醤油が出る先っちょに爪楊枝刺して、出てきません?

あの現象がエンジン内部で起こります。

エンジンオイルの役目

エンジンオイルは、エンジン内部の金属部分の干渉をスムーズにし、金属同士がこすれて発生する、金属カスや、スラッジ(オイルの燃えカスや、オイルと混じった燃料の燃えカス)をキレイに洗い流し、オイルフィルターで吸着して、エンジン内部をキレイに保ちます。

人間で言う血液

エンジンの各部を潤滑して回るオイルは、劣化したり、スラッジになってしまい、どこかで詰まると対処出来なくなります。

人間ならレントゲン撮影し詰まっている箇所を発見して、カテーテルなどで除去出来ますが、車はそうはいきません。

対処方法

  1. フラッシングをする
  2. 灯油とエンジンオイルを混ぜたオイルを入れ、汚れを除去する
  3. エンジンオーバーホールをする

1.ガソリンスタンドなどでは必ず勧めて来ますが、初期症状なら交換あると思いますが、重症だと意味がありません。

何もしないよりかは良いので試しにやってみるのは有りですね。

2.こちらの手段は一か八かなので、あまりおススメは出来ませんが、フラッシングより少し効果が高いと思います。

灯油には洗浄作用があり、部品などのしつこい汚れを落とすのに使います。

エンジンオイルと灯油を少量まぜ、シャバシャバの状態のオイルを入れてエンジンを回します。

分量を間違えると洗浄し過ぎて、どこかを壊してしまうかもしれないので、一か八かの勝負になります。

3.エンジンオーバーホールは金額もすごい事になるので、軽自動車やトラックだったらエンジンを載せ替えた方が安い場合があります。

かなり車を気に入っていたり、レア車とかならオーバーホールしてまた乗るなどは有りだと思いますが、やはりエンジン載せ替えか、車を買い替える方を選んだ方が良いかと思います。

トヨタ スパーキーのお客様

「エンジンから変な音がするのですが」と来店された、トヨタ スパーキーのお客様。

完全にエンジンがガチャガチャ鳴ってて、とても痛そうな音がしている。

レベルゲージ確認したらオイルが付かず、しかも先っぽにはオイルの固まった後がありました。

エンジンオイル入れれば直るかと、フラッシングオイルを入れ、エンジンを回すが、音は消えない。

フラッシングオイルを抜き、エンジンオイルを入れ「直ってくれ!」と願いながら、エンジンを回しましたが時すでに遅し。

よくよく話しを聞いたら「ちょっと前から変な音するなとは思ってました」‥その時にオイルを入れておけば‥

会社の車とは言え、変な音がしたら見てもらいましょう。

トヨタ アリオンのお客様

こちらのお客様は、自分でエンジンオイルをチェックし、自分で補充していたお客様です。

交換じゃないですよ⁈補充ですよ⁈

こちらのお客様も、エンジン異音で入庫。

カチカチ鳴ってて、エンジンチェックランプが点灯しています。

故障内容はエンジン油圧低下でした。

オイルフィラーキャップには信じられないくらいのスラッジや固まったオイルがビッシリ。

「車買い替えた方が良いですよ」と伝えるが、「出来るだけやってみて」との事なので、エンジンオイルに灯油を混ぜエンジンを回し、オイルフィルターも交換。

直りませんでした‥

オイル交換をケチったのがアダになりましたね。

まとめ

正直どちらのお客様も、オイル交換をしていれば今まだ乗れた車です。

どちらの方にも共通しているのは、「まぁいいや」とエンジンチェックランプやオイルチェックランプです。

「俺のじゃねーし」とか「オイル交換は金かかるし、面倒くさい」などが、さらに大きな出費として襲いかかります。

エンジンチェックランプやオイルチェックランプは異常があるから点灯や点滅をします。

チェックランプにも段階があり、オレンジは注意、レッドは危険です。

ディーラーの方が言うにはレッドが点いたら終了ですと言ってました。

エンジンオイルチェックランプのレッドはエンジン終了と言う事です。

対処方法を書きましたが、正直オイル切れで異音がして、オイル入れて直らなければ終了と言う事です。

エンジンオイルは血液

血液はサラサラでないと人間も調子悪いです。

最低でも半年に1回はオイル交換、1年に1回はオイルフィルター交換、これをやっておけば、エンジン内部はある程度キレイに保てると思います。

安いオイルでこまめに交換を僕は推奨します。

オイル交換は高くないし、時間もそんなにかかりません。

是非マメにオイル交換やって下さい。

 

 

最新情報をチェックしよう!