エンジンオイル交換が安い所の理由

  • 2018年4月10日
  • 2020年4月4日
  • 整備
  • 276view
  • 0件

エンジンオイル換えてますか?

先日、僕の担当する運送屋さんのトラックのエンジンオイル出張交換屋さんとお話をしてみました。

完全同業者

僕はその運送屋さんのオイル交換はした事がありません。

かなり年配の方で、白髪のおじいちゃんと言っても過言ではない感じです。

以前別の運送屋さんのオイル交換をしていたみたいですが、僕が仕事をとってしまったみたいです。

工賃、出張費

どこから来てるか知りませんが、日産のキャラバンに大量にオイルを積み、駐車場で交換していました。

「オイルいくらで交換してますか?」と尋ねると「1リットル500円〜800円だよ」‥まぁまぁウチの最安値と変わらないね。

ウチの最安値で、新車でトラックを納めさせてもらっている所や点検、車検

修理の多いお客様などは大体500円設定です。

しかしこちらのオイル交換屋さんはオイル交換だけです。

なるほどね工賃が高いのかと思い、「工賃いくらでやってます?」と聞いたら「工賃?そんなもん貰ってないよ!車に書いてあるだろ?出張費、工賃無料ってさ」

ウソでしょ〜

安い‼ウチ工賃貰ってますもん。

バイク屋の時も1000円は貰ってましたし、ガソリンスタンドだって500円は貰いますし、ウチの会社は1500円か2000円は貰います。

「出張費ぐらいは貰ってもいいんじゃないの」と聞きましたが「いいんだよ俺1人でやってるし十分儲かっちゃうよ」と言っておりました。

個人事業主の強み

エンジンオイルの仕入れも違い、ウチの会社で月に2ドラムぐらいですが、オイル交換屋さんは、仲間のオイル交換グループでまとめて注文しているらしく、大量購入により仕入れも安く抑えられてるみたいです。

個人事業主は1人て仕事をしているので、すごく身軽でオイル交換に特化したサービスを提供していて、さらに仲間内で集まり一般企業にも負けないオイル価格を実現出来ます。

一般企業だと人件費や諸経費、上司の決済など、何をするにも時間やお金がかかります。

大量購入による仕入れ

何でもそうですが、大量購入って安くなりますよね。

ネットショッピングで言えば5000円以上は送料無料とか、タイヤも4本セットなら安くなるとか、ガソリンスタンドで同じ系列店でも値段や仕入れが違います。タイヤやバッテリーの仕入れも輸入物ならコンテナ満載とか、普通の買い物で言えば箱買いとか、コストコとか、大量購入は安くなります。

大量購入して安く売っているサイトを紹介しておきます。

ちなみに自分も利用してますが、トラブル等ございません。

車も同じです

何台まとめ買いすると値引きとか、何かサービスが付くとか、やり方は色々ありますが安くなります。

カーシェアとかレンタカーとか社用車はそうやって購入します。

問題

一つ気になる事があって、このエンジンオイル交換屋さんがやってる運送屋さんですが、三菱のファイターが何台かありますが、フィラーキャップ(エンジンオイルを入れる所のキャップ)からオイルが漏れている。

ファイターのカチッとしまるフィラーキャップです。

ウチの会社でやってる同じファイターでは交換した事もない部品です。

粘度の問題

オイルの粘度の問題かと思いますが、ウチで使っているのが、10w30です。

オイル消費の多い車だと10w40にすると、オイルの持ちが良くなります。

そこら辺の問題かと思いますが気になる所ですよね。

総合的に見れた方が良い

オイル交換屋さんは、オイル交換しかしないので、やはりキャビンを上げた時に、簡易的にチェック出来る所はチェックして修理が必要なら出来る業者の方が良いと思います。

人手不足

運送屋さんは今、深刻な人手不足です。

トラックの整備などは信頼できる修理屋にまかして、どう効率よく走り、どう売り上げを伸ばすかに集中して、このハードな世の中を突き進んで頂きたい。

それが行く行くは、僕ら修理屋と共にウィンウィンな関係を築けると僕は確信しています。

どんなお客様でも、しっかり対応し、人によって接客を変えない。

当たり前の事ですが、しっかり実践して行きます。

 

 

最新情報をチェックしよう!