冷凍冷蔵機の後付け依頼

  • 2018年4月16日
  • 2020年3月20日
  • 整備
  • 991view
  • 0件

僕が担当しているお客様より冷凍冷蔵機の後付け依頼を頂きました。

2tショートウイング

車種はいすゞのエルフの2tショートウイング車です。

キャビンの屋根に風防が付いていて、コンデンサーは横に付ける仕様になるかと思います。

とりあえず8ナンバー

箱の内側に断熱材とかも入っていなく、しかもウイング車なので冷える保証はないですが、生鮮食品を運ぶので、とりあえず8ナンバーで冷凍冷蔵車じゃないと運べないらしく今回の依頼をして来たみたいです。

新車

新車の納期が1年とか2年待ちの今、この後付け冷凍冷蔵機で納期を短縮する方法もあるみたいです。

前の記事で新車トラックを作ろうでも書いた出来合いの車に冷凍冷蔵機を付けるパターンです。

新型日野レンジャーを作ろう

いすゞ

いすゞは完成車を作り置きしているので比較的納期が早いです。

いすゞ自動車

エフカーゴシリーズは結構町中で見かけますが、完成車なので装備は決まってしまいます。

これに冷凍冷蔵機をつけて断熱材入れてみたいな事をやると、やはり1年ぐらいは待たないといけません。

裏ワザ

これは冷凍冷蔵機屋さんに聞いたのですが普通のいすゞの完成車はウイングにゲートが付いているだけです。

これに冷凍冷蔵機を後付けして、簡易断熱するパターンです。

こうすると納期が短くなります。

冷凍冷蔵機後付け納期

見栄えはあまり良くないですが、今回の後付け納期が3〜4日。

早くないですか?

もっとかかるかと思いました。

費用

今回取り付けるユニットは東芝製のユニット。

こちらのユニット今は作ってなく、冷凍冷蔵機屋さんの在庫処分品です。

  • セパレート型冷凍機と取り付け費用込みで30万
  • 庫内エバポレータ(冷風が出る所)取り付けブラケット製作8万円
  • 冷凍キット(いすゞ純正品)16万円
  • 冷専改造費(コンプレッサー付けたり)5万円

総額税込み627200

構造変更

今回の車は車検通したばっかりなので、車検の日付けが構造変更した日になってしまうので、構造変更は次回の車検と同時に行う事に。

費用的には3〜5万円。

冷凍冷蔵機の重量が100kgちょっとなので、その分減トンされます。

庫内の冷凍冷蔵機ユニットが、庫内前方の上に枠を作って搭載するので、前方は箱の高さが約300mm程低くなります。

新車装着

新車装着時より見栄え、性能的には劣りますが、新しいトラックにしたいが納期が長く待てないお客様には良い提案だと思います。

中古車、新古車

冷凍冷蔵機付きの中古車を買おうとすると、かなり高いです。

もうちょい頑張れば新車が買える、しかし新車の冷凍冷蔵車は1〜2年待ち。

中古車を買って壊れて直してを繰り返したら結果新車買えたなど、冷凍冷蔵車は割高なので、安い車体に冷凍冷蔵機を後付けし、とりあえず仕事を始めるのもありだと思います。

冷凍冷蔵機屋さん

冷凍冷蔵機屋さんも色々ありますが、柔軟に対応してくれる業者は限られます。

仕事もいっぱいあると思いますし、人手不足もありますので、今回取り付けを受けてくれた冷凍冷蔵機屋さんに、とても感謝しております。

その前に修理で持って行った時も仕事の手を止めて、すぐに対応してくれました。

とても良い冷凍冷蔵機屋さんなのでお困りの方いたら連絡下さい。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!